1. ホーム
  2. THE ALBERT GLASSER COLLECTION:虐殺!ハックの猛襲/東京ファイル212 (2枚組)

THE ALBERT GLASSER COLLECTION:虐殺!ハックの猛襲/東京ファイル212 (2枚組)
THE ALBERT GLASSER COLLECTION: HUK!, TOKYO FILE 212 (2CD)

価格(税込): ¥2,838

レーベル: DRAGON'S DOMAIN
品番: DDR714
発売日: 2020/11/13
フォーマット: 2CD

アルバート・グラッサー作品集第1弾として、『虐殺!ハックの猛襲』(1956)と『東京ファイル212』(1951)のオリジナル・サウンドトラックをカップリング収録!限定500枚。

、『虐殺!ハックの猛襲』・・・TV放映時タイトル:「海賊ゲリラ大襲撃」。フィリッピンを舞台にしたアクション映画。滞米14年のグレッグ(ジョージ・モンゴメリー)は亡父の遺した不動産を処分するため、生まれ故郷フィリッピンに帰った。マニラまで彼を迎えに来たのは幼馴染バート(ジョン・ベア)とその妻シンディ(モナ・フリーマン)である。グレッグはシンディの魅力に心を惹かれた。一行の船が甘蔗園に向う途中、獰猛なハック団に襲われるが、グレッグたちの応戦で撃退することができた。甘蔗園に着くと、バートの父スティヴンやフィリッピン軍のバラット少佐が出迎えた。少佐はハック団の首領カラックがグレッグの父を殺した犯人であり、グレッグの命も狙っていると告げた。折も折、ハック団が来襲、激戦の最中、バートの父は兇弾に倒れた。バラット少佐の命令で島民は島を捨て、船で避難することになった。しかしハック団員の率いるカヌーの一隊がそれを狙った。汽船の乗組員に化けたハック団員の1人がダイナマイトを船艙に仕掛けたため、船は動けなくなった。グレッグは船を引き返すように命じ、石油罐を海上に捨てて炎上させ、必死に応戦するが、ハック団は船上に乗り込んで来た。彼らの弾丸を身に浴びたバートはもはやこれまでとみずからダイナマイトを抱いて彼らを殺し自爆をとげた。グレッグたちと島民は辛うじて岸に辿りついた。グレッグのたくましい腕に抱かれたシンディは、新しい気持ちになって島の再建をグレッグと共に誓うのであった。
監督:ジョン・バーンウェル、出演:ジョージ・モンゴメリー、モナ・フリーマン、他。1956年米。

『東京ファイル212』・・・1951年の日米合作映画。米国側のプロデュサー、ジョージ・ブレイクストンは、1943年映画入りをして俳優としては「ある夜の出來事」その他数本に出演、戦後プロデューサーに転向、「ジャングル・スタンビート」「ウルブ」を製作した。演出・脚本のマックガワン兄弟は、常にコンビで脚本を書き演出をしているが、わが国で上映された「ステート・フェア」及び「荒野の決鬪」に、脚本を書いている。演出補佐のレイ・スタールは、ジョン・M・スタールの息子で、最近演出助手として映画界入りをしたもの。撮影監督のハーマン・シャープの作品は、「地獄の天使」(ジーン・ハーロー、ベン・ライオン主演)が我が国に紹介されている。日本側製作者鈴木郁三は、東日興業社長で、第一回作品「傷だらけの男」に次ぐ第二回作品である。主演男優ロバート・ペットンは、一九四八年に映画界に入り、今日までに七本のアメリカ映画に出演、「東京ファイル212」は八本目の作品である。女優フローレンス・マリーは「海の牙」ですでにおなじみのチェッコ生れのスター。フランスで映画界にデビュ、アメリカでは「東京ジョー」「三人は帰った」などに出演している。この映画に出演のため千五百人の応募者から選ばれた女優大谷伶子は、本年二十一歳の新人。「君と行くアメリカ航路」の斉藤達雄と灰田勝彦、P・C・L時代の二枚目大川平八郎、NHK『陽氣な喫茶店』の松井翠声、「細雪(1950)」以来活躍の田崎潤などが共演している。

Dragon’s Domain Records presents THE ALBERT GLASSER COLLECTION, VOLUME 1 , featuring music composed and conducted by Albert Glasser (THE CISCO KID, I SHOT JESSE JAMES, THE AMAZING COLOSSAL MAN, THE SPIDER) for HUK! And TOKYO FILE 212, two films from his extensive filmography.

HUK! is a 1956 United Artists action film directed by John Barnwell, written by Stirling Silliphant, and starring George Montgomery, Mona Freeman, John Baer, James Bell, Teddy Benavides and Mario Barri. Set and filmed in the Philippines, HUK! follows American planter Greg Dickson (Montgomery) who returns to the Philippines in 1951 intending to sell his dead father's plantation. When he arrives in the country, he finds that it has been overrun by Huk guerrillas, including the rebel leader who killed his father. With the aid of buddy Bart (Baer) and Bart's wife, Cindy (Freeman), Greg helps defend the local people from the rebels.

TOKYO FILE 212 is a noirish detective adventure set during the Korean War but taking place in Japan. The RKO picture was directed by Dorrell & Stuart E. McGowan and starred Robert Peyton (aka Lee Frederick), Florence Marly, Katsuhiko Haida, and Reiko Otani. Released in 1951, TOKYO FILE 212 is about a Communist spy ring in Tokyo hard at work trying to sabotage the American war effort using kidnapping, murder, and a disturbed former kamikaze pilot. A U.S. secret agent (Peyton), posing as a reporter, is dispatched to Tokyo to put a stop to these nefarious activities, while befriending a shady woman (Marly).

Born January 25, 1916, Albert Glasser was a composer, conductor and arranger of film music. One of the most prolific B-movie composers, Albert Glasser started off as a copyist in the music department at Warner Brothers in the late 1930s, learning the art of film scoring from scratch while working under Max Steiner and Erich Wolfgang Korngold. He graduated to orchestrating, and by the mid-1940s was composing his own scores. He scored approximately 200 films during his career, many for American International Pictures and director Bert I. Gordon. For the US War Department, Glasser composed for Frank Capra's Special Services Unit and for Office of War Information radio shows for overseas broadcasts. For television, he composed the score for THE CISCO KID. For radio, he composed scores for HOPALONG CASSIDY, CLYDE BEATTY, and TARZAN.

Dragon’s Domain Records presents THE ALBERT GLASSER COLLECTION, VOLUME 1, featuring music composed and conducted by Albert Glasser for HUK! And TOKYO FILE 212 for the first time on compact disc. The music has been mastered by James Nelson at Digital Outland and the liner notes have been written by noted author Randall Larson.

THE ALBERT GLASSER COLLECTION, VOLUME 1 is a limited edition release of 500 units.

11/9の週発売

トラックリスト

CD 1 - HUK!
01 Opening and Forward 1:37
02 Main Title 1:56
03 The Calessa Ride 3:43
04 They Pass Bataan 1:38
05 Kulak Attacks The Boat 1:39
06 Coming Into Harbor 2:49
07 His Old Room 3:01
08 The Swimming Scene 3:16
09 The Underwater Fight 1:24
10 At the Cemetary 3:43
11 The Music Box 1:41
12 A Huk Climbs the Tower 1:22
13 The First Attack 2:51
14 Kulak Swears Vengeance 0:57
15 In the School Room 1:09
16 Huks Kill Pop 0:36
17 John Gets the Bad News 2:34
18 The Big Retreat 1:17
19 The School Yard Scene 2:53
20 School Yard Scene - Pt. 2 1:43
21 The Boat Pulls Out 1:18
22 Huks Hit the Water 0:56
23 The Big Fight/Swim to Shore/
End Title 5:47
Total Time 50:49
.
CD 2 - TOKYO FILE 212
01 Main Title 1:44
02 This is Tokyo 2:37
03 Jim Meets Steffi 2:07
04 Source Montage 1:43
A. Virgin Wood Nightclub
B. Knickerbocker Club
C. Hula Club
05 Jim Sees Taro 1:24
06 Steffi is Tired 1:57
07 Kamikazi Class 2:05
08 The Telegram 1:36
09 The Big Shrine 3:15
10 At the Russian Consulate 1:34
11 The Kubuki Theater 1:18
12 Jim Gets the Third Degree 1:18
13 Newspaper Headline 0:28
14 Hello, Mamiko 1:13
15 Mamiko is Kidnapped 0:52
16 Taro In Hospital 3:25
17 Steffi Cries 2:10
18 Jim Gives Her a Gun 1:18
19 Railroad Strike 0:32
20 Mamiko Dies in Taro’s Arms 1:42
21 Taro Gets Caught 1:19
22 Taro Commits Suicide 0:59
23 End Title 0:18
Total Time 37:50