1. ホーム
  2. ボッカチオ'70

ボッカチオ'70
BOCCACCIO '70

価格(税込): ¥2,068

レーベル: RDM(FR)
品番: A001647009
発売日: 2019/09/11
フォーマット: 1CD

イタリア映画界の4人の巨匠たちによる4編のオムニバスで、傑作サントラ。フランス輸入盤。

元々は4編のオムニバスだが、日本劇場公開版はマリオ・モニチェッリの監督したエピソードをカット(ビデオ・DVDには収録。)『デカメロン』の中世イタリアの作家ボッカチオが現代に生きていたら、こんな挿話をその著書に書き入れたかも知れない--。そんな発想で生まれた物語四編を、イタリア映画お得意のオムニバス形式で映画化した62年度作品(だから題名の“'70”は当時から見たら近未来を指していたのだ)。日本では無名のマリオ・モニチェッリの担当作、音楽はピエロ・ウミリアーニ(結婚間近の男女の日常を明るく描いたもので、日本人には親しみやすい素直な青春譚だ)はカットされ、残るすでに知られた巨匠たちの三編で公開となった。第一話デ・シーカの「くじびき」。音楽はアルマンド・トロヴァヨーリ。北イタリアの片田舎で、遊園地の射的場を営む父の借金のカタに、クジの一等賞にされる娘ゾーエ(ローレン)をめぐっての男たちの狂騒をペーソスを漂わせつつコミカルに綴っている。ゾーエには隣村に恋人がいたが、一等を当てた冴えない寺男の母に“一生の想い出に一夜だけでも息子とつきあってくれ”と懇願される……。第二話は「誘惑」、フェリーニ作。音楽はニーノ・ロータ。熱心なカソリックの道徳家アントニオ博士は、部屋の前の広場に建てられた大看板のグラマー美女(エクバーグ)に激昂するが、いつしかそれは夢にまで現われ……というフェリーニ的な大らかなユーモアが実に楽しい。三話目はヴィスコンティ「現金」で、貴族の若夫婦の倦怠を皮肉っぽく描く。浮気性の夫をやりこめようと、娼婦に化けて誘惑の電話をしたはいいが、あまりに素っ気なく話に乗ったので、シラけた妻はそれから夫と寝る際には報酬を要求することに決める。音楽はニーノ・ロータ。いずれも作者の持ち味の出た作品の並んだ好企画と言えよう。1962年伊・仏。

La collection "Musique de Film" vous permet de decouvrir les plus grands compositeurs du genre, et de revivre la magie des films a travers leurs musiques. Ce disque contient la bande originale du film "Boccaccio 70" de Federico Fellini, Vittorio De Sica, Luchino Visconti et Mario Monicelli; composee par Nino Rota, Armando Trovajoli et Piero Umiliani.
発売日:2019.9.11

トラックリスト

1. A Spasso Per Roma;
2. Bevete Piu Latte!;
3. La Grande Seduzione;
4. Slow Di Pupe;
5. Valzer Di Pupe;
6. Radiolina-Malinconia Di Pupe;
7. Soldi, Soldi, Soldi;
8. Luna Park;
9. Valzerino Della Riffa;
10. Riffa Cha Cha;
11. Rock Della Balera;
12. Finale;
13. Day Dream;
14. Whisky A Gogo;
15. Finale